mq ぱちんこ

mq ぱちんこ

ギリギリ間に合った感じね」「シュールな光景だな……」遠近法が完全に狂っている感じである

あれがルルラなのは間違いないが薄いピンクと白の鮮やかな洋服とスカートと綺麗に切りそろえられたオカッパの髪型はあと身長が八百五十センチほど小さければ殆ど違和感がないはずである

八百五十センチほど小さければ……

美射の指示で俺はシズカ姫とルルラの間のちょうど真ん中に降りた

あなたも好きかも:パチンコ 辞める 趣味
シズカ姫は膝を抱えたまま身動き一つしないがルルラは驚いた顔でこちらを見てくる

俺と美射は音を立てないようにそっと、ルルラの方へと言って座ったまま見下ろしてくる巨人のルルラに向け周りで必死に二人でジェスチャーで「静かに、俺たちと向こうに行こう」と伝えて何とか伝わったらしいルルラと共に動かないシズカ姫から、数百メートル離れる

あなたも好きかも:爆サイ パチンコ 山形市
「ルルラちゃん、危なかったわね

 シズカちゃん、ちょっとご機嫌斜めなの」浜辺に座って、こちらを見降ろしてくるルルラに美射がホッとした顔で見上げながら言うと「あの……ナホンのお姫様ですよね? どうかしたんですか? 私、心配で……」「大丈夫よ

私たちが話をするから あなたは、お家に帰ってなさいな」「……」ルルラは黙り込んだ

その表情から何となく寂しさを感じたので「……美射、お前はルルラさんの話し相手に なってやってくれ

 俺は、シズカ姫とちょっと話してくる」「……いいの?」「ああ、もしかしたら 言葉じゃなくて、拳で語り合うことになるかもしれないけど ここだったら、暴れても大丈夫だろ?」「あまり深く掘らないでね

あなたも好きかも:新潟 新和 パチンコ
 下には暗渠があるから」黙って頷いて、俺は一人、覚悟を決め浜辺で膝を抱えているシズカ姫の近くへとゆっくりと歩いて行く

シズカ姫の少し隣に座り込む

「ごめん