スロット 6号機 絶望

スロット 6号機 絶望

「なるほど、簡単だな! うおっ!? 何だこれ、めちゃくちゃ旨いぞ!」 夢中で食べるマイカを見て、カケルも負けじと食べ始めた

***「マイカ、スタンピードのことは聞いたか?」「……うん、当然仕事は無くなるんだよな? じゃあ、これは返すよ」 予約金を差し出すマイカ

「それは返さなくて良いんだ、俺のせいでマイカの行動を束縛したんだからな」「……そうなのか? 変なやつだなアンタ」 呆れながらも、大事そうに金貨を革袋にしまう

「そ、それでな、アンタに、カケルさんにお願いがあるんだ」 意を決したように話を切り出すマイカ

「……私、何でもするから、雇ってくれよ! ほら、私、結構見た目も悪くないだろ? カケルさんも男なんだから嫌いじゃないよな?」 身体を売るなんて絶対に嫌だったけど、そんなこと言ってられなくなってしまった

だったら、そうするしかないのなら、カケルさんが良い

昨夜から考え続けて出した答えがそれだった

あなたも好きかも:ビビットアーミー ルーレット
(お願い……断らないで

アンタに断わられたらもう……)「そうだな、嫌いじゃない

むしろ大好きだ

あなたも好きかも:パチスロ akb 設定判別
マイカみたいな子は特にほっとけない」 マイカの灰色の髪を優しく撫でるカケル

「ぱっ、こ、こども扱いすんな!!」 ダークエルフ特有の褐色肌でも分かるぐらい真っ赤になっている

「とりあえず、スタンピードが終わるまでは、避難所に居てくれ

あなたも好きかも:パチンコ 羽根物 ゲームセンター
終わったら、今後の事を決めよう

これはそれまでの予約金だ」 カケルは、金貨を7枚手渡す

「は? なんで? 私何もしてないだろ?」「だから言ったろ? マイカの行動を束縛する対価だって