ガロ 桃源の笛 パチンコ

ガロ 桃源の笛 パチンコ

……クマジー、……残り、食べて」 クマジーは無反応

「……残しちゃったら……駄目だもん……

あなたも好きかも:初代 パチンコ北斗
……封を開けてないのは、誰かにあげるから

……これだけ……、……食べて」 やはりクマジーは無反応

 優樹は「う……」と困惑げにかじりかけの饅頭を見つめた

 ……捨てられない……

 どうしよう……と悩んでいたが、不意に、あの老婆の笑顔が頭を過ぎった

眼鏡を見つけた時の、あの老婆の嬉しそうな顔……

 ……感謝の気持ちでくれた……

あなたも好きかも:心斎橋 スロット
……ありがとうって……

 優樹は意を決して、饅頭を少しずつ口に入れ、時間を掛けて、ゆっくりと噛み砕き、飲み込んだ

時々、「う……」と気持ちが悪くなったが、戻すのを耐えた

 目に一杯の涙を浮かべながらも懸命にそれを食べ終えると、バタ……とベッドに倒れ込む

あなたも好きかも:カジノ 株 急落
その時、拍子にクマジーがボテ、と優樹の背中に倒れてきた