きこり パチンコ メドレー

きこり パチンコ メドレー

「だとしても、これでは犬死です」 すでに倒れた敵の向こう側では、新たな敵が溢れかえって、より大きな波濤となって進撃を始めている

イスラとカナンにどれほどの力があろうと、人間である以上、必ずどこかで終わりを迎える

敗北は必然だ

それが分かっているのに彼らを送り出すのは、アブネルの矜持が許さなかった

「その通りですよ、カナン様!」 頭上から威勢と活気にあふれた声が降り注いだ

 見上げた彼らの顔に、竜《ユラン》の大きな翼の影が覆いかぶさった

その鞍上から顔をのぞかせたクリシャ・ツィルニトラは、ぼろぼろになった槍を掲げながら竜をペヌエル平原へと降り立たせた

「クリシャさん、無事だったんですね!」 首の周りに長い銀髪を巻き付けたクリシャは、汗と灰で汚れた顔を破顔させた

あなたも好きかも:dmc パチスロ
「遅参、御容赦ください

あなたも好きかも:ルレット 100均
いかんせん途中で厄介な連中に絡まれまして、少々てこずりました

 ……ところで、どうやらおあつらえ向きの仕事があるようですね?」 クリシャはあくまで明るい表情を崩していないが、そこに隠しようのない疲労が滲んでいることは誰の目にも明らかだった

潜り抜けてきた試練も「少々」などという言葉では到底片付けられないものだっただろう