パチンコ キコーナ守口

パチンコ キコーナ守口

お前の読み通り、僕には奥の手がある

ウォーカー家に伝わる奥の手だ……」 ファフナーが『血陸』で、カナミ君相手に命懸けで確かめたように

 僕も命懸けで、やらないといけないだろう

 その僕の話(エサ)に、セルドラは喜色を浮かべて、食いつく

あなたも好きかも:静岡県 パチスロ ライター 来店
「奥の手ぇ? ……つまり、秘伝の奥義ってことか!? くはは! やっぱ、出し惜しみしてたか! そりゃいい! いい話を聞いた! 鮮度が高く、美味そうな話だ!!」「ウォーカー家は、世界中から有望な子供を集めては、血に組み込んだ……

その力は交配を重ねていく内に、鋭い刃物のように研ぎ澄まされていった……」 僕はスノウさんの続きのつもりで話しつつ、息と準備を整えていく

 それをセルドラは呑気に喜び、嗤っていく

あなたも好きかも:はいふり 演出 パチンコ
「おいっ、おいおいおい! いいなっ、ウォーカー家ぇっ! スノウが身に着けた『竜人(ドラゴニュート)』らしからぬスキルといい、想像以上に楽しませてくれる! どうして、千年前にはなかったのか不思議でならねえくらいだ! くははっ!!」 それは前から僕も思っていたことだ

 こんなに手段を選ばず、欲深くて、恥知らずな一族だというのに、たった千年の歴史のみ

 その「丁度(・・)、千年の歴史のみ」という意味が、いまの僕ならよく分かる

あなたも好きかも:パチンコ 123+n
「いや、ウォーカー家は、別の名前で千年前からあったんだ……

それを丸ごと奪い、いまの四大貴族に作り変えたのが、あの聖人ティアラ様というだけで……

遠い遠い昔から、僕たちの血脈はあったんだ、確かに……」「は? ……ティ、ティアラだと?」 急に出てきた名前に、セルドラの表情は一変して、歪んだ

 愉快な顔だったので、準備ついでにティアラ様の話も続ける

「ティアラ様に作られ、名づけられた貴族ウォーカー家には、ある家訓と役割があった