aviva ぱちんこ

aviva ぱちんこ

「それはそうなんだけどさ」「申し訳ありません」 肩を落とす考助に、セシルが頭を下げた

「ああ、いや

わざわざ謝ってもらうほどの事でもないけどね」 考助はそう言って、諦めたように訓練場へと向かうのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 剣を振りかざして向かって来た男に、考助はたった一言だけ発してそれを防いだ

あなたも好きかも:エヴァ 777 スロット
 殺すのは禁止事項だったはずだが、男は明らかに殺しに来ていた

「ノール、お願い」 考助がそう言うと、一瞬その周辺で光を発した

あなたも好きかも:パチンコ 島田
 振り下ろされた男の剣は、カキンと高い音を出して弾かれてしまった

「お、おい

あなたも好きかも:京都駅 パチンコ おすすめ
何だよそれは? ふざけるなよ!?」 ふざけているのは、どっちだと思ったが、わざわざそんなことを言って煽ってもしょうがないので、別のことを言った

「それで終わり? この光を突破できないと、傷付けることすら難しいけど? あ、あと殺しは禁止だったはずだよ?」「う、うるせえ!!」 なるべく穏やかに言ったつもりだったが、煽った結果になってしまった

 逆上した男は、周囲の様子にも気づかず、同じように突っ込んできた

 男は気づいていなかったが、周囲の者の中で騒いでいるのは、精霊を使える者達だった

 考助が呼び出した者が何かを薄々察したのだろう