アンジュ パチンコ

アンジュ パチンコ

 そのとき、僕は一度だけ瞬きをして――、目を開けた瞬間

 膝を突いたライナーの前に、白い長髪の男が立っていた

あなたも好きかも:にゃんこ大戦争 スロット いつから
 彼はセルドラと違って、穏やかな横顔を後ろに向けていた

 何よりもまず、かつて自分が「先生」として属していたパーティーに話しかける

「ライナー、ノワール、シア

そして、ルージュも……

あなたも好きかも:パチンコ 上限5万
本当に強くなりましたね」 別れの挨拶も含めて、生徒たちに最後の採点と賞賛を贈った

 『木の理を盗むもの』アイドは、ライナーから結界の維持を引き継いだのを確認してから、僕たちに話しかける

「渦波様とセルドラ様……

お二人の間違いは、自分も同じでした

あなたも好きかも:オール パチンコ 駐車場
だから、共に行きましょう

もう自分たちは、弱い自分から逃げない……! そうでしょう、総大将殿っ!? もう二度と、自分たちは守るべきものは間違えない!!」 そうアイドが叫んだとき、振動(こえ)に心の臓が強く打たれた気がした

 前方の黒紫の暗雲が薄らいで、100層全体が少し明るくなった気もした

 それは僕だけでなく、隣のセルドラも同じなのだろう

千年前の戦友と肩を並べて、その声を少し震わせながら、最高の激励に応えていく

「あぁ……、当たり前だ