ブラックジャック エンディングテーマ

ブラックジャック エンディングテーマ

 ここのように大所帯ならば良いんだけど、村なんかだと、何頭も買えない

だけど熊皮はね、大きいから加工幅も広いし、暖かいから良い値で売れる

本当はもっと需要があると思うんだよ」「よくわかんない」「言葉むずかしい……」「ねー……」 まぁ……金銭感覚の乏しい子供らには、まだちょっと、理解しにくいかぁ……

あなたも好きかも:スロット バイオハザード7
 おいしくならないことにガックリし、興味が大幅に失せた子供達に苦笑

あなたも好きかも:ブラッドプラス スロット 曲変化
 そもそもが物々交換で、金銭感覚と言い難いものでもあるし……

だけど彼らも、社会の動きを理解できないと、今回みたいに取り残されていくことになる

あなたも好きかも:g1 スロット 曲変化
 これからを担うことになる若い彼らにこそ、教えておかなきゃいけないことでもあるし……

 じゃぁ、どう言えば伝わるだろうかと考え……

「この熊の皮だけが、小麦四袋になるようにしようと、思ってるんだ」「お肉無いのに⁉︎」「たべられないのに⁉︎」 うん

ものによってはいけると思ってる

そのためには……

「お前が頼りなんだからなっ、ウォルテール!」 隣で所在なげに佇んでいた背を力強く叩くと、微動だにしなかったものの

「えぇ……? 俺まだ……そんなに上手くない……」 居心地悪そうに視線を逸らしつつ、頼りない返事

 セイバーンでも狩りをしていたし、鹿の解体だって手伝っていたから、経験が無いわけではないだろうに

「大丈夫

今日は最高のお手本……先生にその手業を見せてもらうだけだから

 まぁゆくゆくは、その技術を習得してほしいんだけどね」 溜息を吐くウォルテールを見て、子供達は頑張ってと労いの声を掛けているけれど、いやいや、お前達もだよと伝えた

「ぼくら?」「そっス」 ウォルテールとは反対、俺の右側に立つ、小柄なオーキスがそう言って「俺っちもそれくらいの年からやってたんで」とのこと