コード ギアス 3 スロット 天井 期待 値

コード ギアス 3 スロット 天井 期待 値

 当時から常に剣を使っていたから、思い入れが特に強烈なのだろう

 同じように幼い頃から剣術を習っているリディアに共感したのかもしれない

 興味深そうにまだリディアを見下ろすエミリアを見て、もしかすると彼女に剣術を教えようと思っているんだろうなと察した俺は、「遊び半分で習ってるんだからな?」と釘を刺してからもう一度リディアを抱き上げた

 大昔のホムンクルスとはいえ、リディアの年齢はまだ4歳だ

エミリアから厳しい訓練を受けるには幼過ぎる

「む………なら、もう少し大きくなったら私が剣術を教えてやろう

彼女を立派な騎士に育てるのだ」「いや、フィオナが反対するかもしれないぞ? 彼女はリディアを助手にする予定かもしれないし」「なに!? ………だ、だが、白衣姿も似合うかもしれないな…………

あなたも好きかも:パチンコ 店 船橋
なあ、リディア

お前は騎士と技術者だったらどっちに興味があるのだ?」「………?」 小さな手で大きなシルクハットを抑えながら首を傾げるリディア

おそらく俺たちの言語は理解しているんだろうが、〝騎士”と〝技術者”という単語の意味が分からないのかもしれない

あなたも好きかも:パチスロ ゆう 坊
 彼女の将来の夢を勝手に決めるべきではないとおもったエミリアはリディアに問い掛けるが、リディアは俺のシルクハットをかぶったまま首を傾げたままだ

 やっぱり、何も喋らないこの子との意思疎通は難しいなぁ………

「まだ4歳だもんな

いっぱい遊ぶんだぞ、リディア」「………!」 抱き上げられながら頷いたリディアを地面に下ろし、笑いながら彼女の頭を撫でるために手を伸ばす

シルクハットの上から撫でるわけにはいかないので一旦俺の帽子を返してもらおうと思ったんだが――――――シルクハットが気に入ったのか、両手でシルクハットを抑えたまま駄々をこねるように首を横に振られてしまう

 え? シルクハットが気に入ったの? もう少し手を近づけてみると、首を横に振っていたリディアは涙目になりながら首を横に振り始めた

どうやら俺の帽子を手放したくないらしい

「わ、分かった