麻雀ゲーム web

麻雀ゲーム web

 また名詞文に転換して「青い空、白い雲」のように形容詞文を転換して名詞文の「体言止め」にしたものを並列させることもできます

「体言止め」を頻発させると言いたいことがよくわからなくなるので、詩の類いでない限り連発しないほうが効果的です

「青い空を見上げると白い雲が浮かんでいた」というなにげない文章も「重文」です

あなたも好きかも:ピギーちゃん 貯金箱
「青い空」が「空が青い」の転換形でそれが「見上げる」に付く

これだけで「単文」になります

「白い雲」も「雲が白い」の転換形でそれが「浮かんでいた」に付く

これも「単文」になります

「青い空を見上げる」「白い雲が浮かんでいた」の間の接続助詞は順接の「と」であるため、並列していると見なされて「重文」であることがわかります

複文「ふく-ぶん【複文】文を構造上から分類した場合の一

主語と述語からなる文でさらにその構成部分に主語・述語の関係が認められるもの

あなたも好きかも:100円 ゲーム機
「ここは雨の多い地方だ」など →単文・重文」(出典:『大辞泉』)「単文」の中に「単文」が含まれる構造を「複文」といいます

あなたも好きかも:ビットコイン 換金方法
『大辞泉』の例である「ここは雨の多い地方だ」は「ここは地方だ」という「単文」の中に「雨の(が)多い」という「単文」が含まれていて「地方だ」を修飾しています

「雨が降ったら旅行は延期される」なら「雨が降った」と「旅行は延期される」が共に「単文」です

「降ったら延期される」自体が「単文」になっているため、「雨が降ったら」という「単文」が「延期される」という述語にかかってしまいます