パチンコ 借金 クズ 2ch

パチンコ 借金 クズ 2ch

 セツナは、マウアウと戦いたくなくなっていた

どうにかして矛を収める方法はないかと思案する

あなたも好きかも:朝倉市 パチンコ 跡地
「あんたは、優しい神様だ」《ん……?》「俺は、あんたと戦う意味を感じない」《そなたに意味がなくとも、我にはある

あなたも好きかも:ビッグ スロット 苫小牧
魔王の杖とその使い手は、我らにとっての脅威となるのだからな》「俺があんたを傷つけないといってもか?」《そなたの言葉を信用しろ、と?》 マウアウが、眉を潜めたが、美貌が損なわれることはない

《我はそなたのことを知らぬ

クオンの記憶の中に見ただけに過ぎぬ

ひとの記憶というものは、いいように改変されるものだ

確かにそなたは、クオンにとっては心の底から信の置ける人間かもしれぬ》 マウアウの何気ない言葉が、クオンの中のセツナ評を伝えてきて、彼は妙なこそばゆさを感じずにはいられなかった

クオンがセツナのことを信頼してくれていることは、知っていた

あなたも好きかも:パチンコ オルガ
心の底から信を置いてくれているとは、神の目からもそう見えるほどだとは想ってもいなかったのだ

《だが、我にとってそなたは、敵対者に過ぎぬ》「敵対する可能性を持っているだけ、だろう」《魔王の杖は、敵だ》「俺は、人間だぜ」《だからなんだというのだ》 マウアウが、それがどうしたとでもいわんばかりに威圧してきた

やはり神だけあって、そういうときの迫力は凄まじく、セツナは全身に電流が走るような衝撃を受けて、平衡感覚を失いかけた

危うく海に落下しかけて、からくも立ち直る

《そなたが人間だから、なんだというのだ

そなたは確かにひとの子だが、魔王の杖の召喚者であり、魔王の杖の唯一の使い手であることに変わりはあるまい

そなたの存在を認めれば、魔王の杖による暴虐も認めなければならなくなる》「なんでそうなるんだよ

俺はあんたと話し合いがしたいってのにさ」《我と話し合う、だと? 魔王の杖の使い手がか?》 マウアウが怪訝な顔をした

《おかしなことをいう

そなたは、魔王の杖の使い手であろう