コロンボ カジノ

コロンボ カジノ

洋ちゃんね、もう彼女がいるんだよ」 申し訳なく教えると、双葉は間を置いて足を止め、「っえー!!」と、愕然と目を見開いて優樹を見下ろした

「誰!? 今来てる子の中にいる!?」「う、うん……

いる」「うそーっ!! ショックーっ!!」「……ごめんね」「……どの子?」「……

生美ちゃん」「あの……お姉さんっぽい人?」「そう……」 戸惑い気味に小さく頷かれ、双葉は「うーん……」と、真顔で目線を上に向けて考え込んでいたが、何を思い付いたのか、「……よし!」と、大きく頷いた

「取っちゃおう!」 諦めるかと思っていた優樹は、やる気満々のその気配に「……へ?」と、唖然と見上げた

「あ、あの……」「がんばろう!! 絶対洋一君をもらう!!」 か、簡単に落ちそうだから……、そ、それは……やばい

あなたも好きかも:一騎当千 そんさく パチンコ 継続率
 決意を新たに! そんな様子でグッと懐中電灯を握る真顔の双葉に、優樹は困惑して首を振った

「ふ、双葉ちゃん……、それはダメだよ

あなたも好きかも:マイケルジャクソン スロット
そういうことはやっちゃ、ダメだよ」「ううんっ

見てて! きっと洋一君は私のことを好きになるから!!」 余裕の笑みを浮かべられ、「駄目駄目」と、女性遍歴を知っているだけに不安さを交えて首を振る

「双葉ちゃん、洋ちゃんはすごく……、……ホントはすごくえっちぃ人だから、気を付けないと……」 こんな所に来てまで“被害者”を作りたくはない

そんな思いで警告をしたが、「そんなことないよーっ

どっちかと言うと流の方がエッチだよっ」 と、真顔で突っ込まれ、よく意味はわからずに優樹は顔をしかめて首を傾げた

あなたも好きかも:パチンコ おもちくん
「ぜーったい洋一君を私の彼氏にするよっ

……ふふ

ふふふっ」 何かを目論んでいるのか、双葉は不敵に笑う

諦めるつもりは毛頭ないようだ

これはお酒のせいなのかどうなのか――

とにかく、このままでは生美との関係も危うくなるだろう