わくわく ルーレット

わくわく ルーレット

今回もかかわらせれば何かしらの結果が得られるだろうと本部の人間が考えたのだろう

「うん・・・けど、本部もまだ決めかねているようだったんだ

正確には本部の人間は、これの危険度よりも、このビデオの個数を気にしているようだった」「個数・・・?」「そう

このビデオがこの一つだけなら、封印指定にする必要もない

けれどこのビデオがダビングされていたり、複製されていたり、複数作られていた場合・・・本部はこれを封印指定として登録するという考えを示した

合同会議で取り上げられたのはこのビデオと同様の効果を持ったものが各国に存在するかどうかの調査依頼だったんだよ」支部長の説明に康太は以前アリスに説明されていた封印指定の話を思い出す

あなたも好きかも:sd メモリー カード スロット
封印指定とはその危険性を含め、世間一般に対して魔術の存在が露見しかねない物品あるいは現象、人物などに当てはめられる

封印指定百七十二号ことデビットはその危険性から

封印指定二十八号ことアリスはその存在そのものから

あなたも好きかも:スロット 信長の野望 バグ
そしてこのビデオは複数存在することで、多くの人間に魔術の効果を発動することになりかねないこと、そして呪いのビデオらしい効果によってマスコミなどに面白半分で取り上げられる可能性があるということである

もしこのビデオが全国区のテレビで放送された場合、その映像と音を媒介にしてそれを見た全員に呪いが発動する可能性が十分にある

あなたも好きかも:新島 パチンコ店
この一つだけであれば破壊してしまえば話は済む

だがもし複数存在していた場合、その解除の方法を理解していたほうがより今後のためになるし、万が一の時の対処も可能だと考えたのだろう

「ちなみに、ほかの支部とかでは同じようなものは見つかったんですか?」「今のところは見つかっていないね

だからこそ本部もまだ様子見に徹しているんだと思うよ

もし同じ、あるいは同種のものが別の国などで見つかった場合、確実に封印指定に加わるだろうね」封印指定に加わるか否かは魔術の漏洩の危険性によって判断される

今回の場合アリスのような情報系な危険よりもデビットのような被害的な意味での危険が勝っているからこそこうして封印指定一歩手前状態になっているのだろう

だからこそなおさら破壊したほうがいいのではないかと思える