ジュマンジ ビデオゲーム

ジュマンジ ビデオゲーム

迷惑だった?」 庭に降りてきたお母さんは、微笑みと共にドングリの木へ手を触れた

「大歓迎よ

それで、智美ちゃんは」  「モトちゃんは、先輩の所へ行ってる

お姉さんに気に入られちゃって」「ふーん

丹下さんも来てないわね

ケイ君のお気に入りだっていう話だけど」「彼女も、やっぱりお姉さんに

もてる人はいいわよ」 私もドングリの木をそっと触れる

あなたも好きかも:今 熱い パチンコ 台
 去年実った青い実が、色付き始めている

「聡美ちゃん、何かあったの?」「どうして?」「そんな雰囲気だから

一見普段と変わらないけど、何となく」 リビングの窓に目をやるお母さん

  ここから中を見る事は出来ず、微かな笑い声が聞こえるだけだ

「よかった

あなたも好きかも:パチンコ いつまで
お母さんがそう言ってくれて」「え?」「サトミがね

もし自分に親って呼べる人がいるなら、それはお母さん達だって言ってたの」「光栄ね、それは」 サトミの家庭事情を知っているお母さんは、その事に付いては何も言わない

 ただリビングの窓を見つめ続ける

 そして、私の手を優しく握りしめた

「優が妹なのか、それとも聡美ちゃんが妹なのかしら」「私でしょ