必殺仕置人 パチンコ セグ

必殺仕置人 パチンコ セグ

おいチィマ、こりゃ言ってもいいもんなのか?」「いいんじゃない? 遅かれ早かれ気付くだろうと思ってたし」「……? 見ているものの違いですね?」「そうだギィール、それ自体は何ら特別なものじゃない

誰だってそうだし、俺だってそうだ

お前は戦闘ができる、俺は料理を作る

言いたくはないがサラサはトラブルを作るし、ハクは技術屋だろ

その上で――戦闘の中に、勝ち負けそのものだって、違いはある

俺から見れば、ギィールにとっては武器を破壊することで、サラサにとっては目的を達することだ」「ええ……自分も言いたくはありませんが、サラサ殿の目的は流動的で気分次第ですからね」「まあな

だが、それはスタイルの違いだろ

イザミさんは先手を取り続けることだ

その上で、誰よりも速いことを求めた

あなたも好きかも:パチンコ カツ丼 設置店
じゃあ、チィマはどうなんだ? こいつは細かい手を積み重ねる

あなたも好きかも:スロット 聖闘士星矢 スペシャル リセット
さっきの話じゃないが、一手を届かせないために罠を多く用意する

だからといって、たぶん、真正面から小細工なしでも充分に通用する腕を持っているはずだ」「しかし――その論で行けば、これも先の話に関わるとは思いますが、それこそあらゆる理由が内包されるのでは? 相手を計り、騙し、裏を搔き、裏を表にする……」「そう、つまりそいつは〝手段〟なんだよ、ギィール

見ているものが違うってお前の言葉で、俺はそこに気付いた

裏返しのカードの中に、戦闘っていう項目が含まれてる」「――、自分たちとは違い、そもそも、戦闘の中に理由を持たない? あるいは、戦闘を含めた、大きな目で見ての理由が?」「そうだ

全てがそこに収束してるんだよ……チィマが天敵である理由、組織(セル)である必要性、金で解決するのが一番楽である必然性、相手を対等にする蓋然性」「まさか……」 大前提として、その目的を敷いたのならば? 複雑なやり取り、手数の多さ、自己防衛の手段――その多様性

「そもそも、どうすれば勝てる? 何をしたら負けだ? あまりにも基本過ぎて、考えるまでもなく、ギィールは教わっていて、それを俺もお前に教わった

処世術だ、大前提というより基礎も基礎

であればこそ、――それは〝芯〟だ」 そう、それは