マザーボード メモリ スロット 色

マザーボード メモリ スロット 色

 そんな心意気で、俺はゲーム上の暦で四ヶ月間、道場稽古を続けた

あなたも好きかも:サイボーグ 009 パチンコ 曲
 その間、一度も異界化した屋敷には足を踏み入れていない

 ゲーム期間が暦の上でちょうど残り半年となったところで、NPCの斥候隊が屋敷の情報を入手してきた

あなたも好きかも:ヴァンヘルシングii パチンコ
 屋敷は長い一本道に変わっており、道の途中で人間サイズの妖怪がそれぞれ違う武器を持って道を塞いでいるのだという

 斥候の技術があれば、それらを無視して直接魔王のところに行けると言われたが、途中の妖怪を倒さず魔王と戦いを開始して、戦闘中に妖怪が集まってきたら酷いことになるのが予想できるので、無視はなしだ

あなたも好きかも:モンキーパンチ パチンコ 曲
 しかし、一本道のボスラッシュステージとか、子供の頃に読んだ漫画を思い出すな

星座をモチーフにした鎧を着て素手で必殺技を出し合うやつ

 まあ、俺には一緒に屋敷に突入してくれる仲間は、いないんだけどな

ヒスイさんは、どうせ見ているだけだろうし

 そして、俺は装備の総点検を終え、いよいよ屋敷に突入することにした

 半年も残っていれば、敗北後に鍛え直しとなっても鍛錬期間は十分あるとみていいだろう

「行くぞ!」 そう気合いを入れて、屋敷に踏み込む

 背後では、侍や妖怪退治屋達が屋敷を取り囲んでいる

屋敷の内部は狭いので、彼らが一緒に突入するというわけではない

俺が屋敷を刺激することで、妖怪が中からあふれ出てこないかを彼らは警戒しているのだ

 屋敷の内部は、武家屋敷の廊下そのままといった様相だった

だが、壁や天井はところどころ朽ちており、空いた隙間から瘴気が漏れている