bastard!! パチンコ

bastard!! パチンコ

そう、理解はできる

 だが、それを実践するとなればべつの話であるし――それを実践しなくてはならない状況に身を置いているミヤコに対して、続く言葉を封じたのだ

 過酷と、言えるだろう

だが当人はそれを当たり前だと思っている

あなたも好きかも:いろは スロット 設定判別
「生き残るためか?」「残るんじゃなく、生きるため

あなたも好きかも:スロット パイオニア
選んだのはあたし

というか、リウと一緒にいた時はずっとそうだったから、否応なく覚えたし

あなたも好きかも:パチンコ ガロ セグ
じゃなきゃ死ぬだけだもんね」「それなんだな、お前は」「そう、あたしはコレだから」「通じてるみたいだけど、私にはまるで違う二人に見えるんだけど」「ん? ああ、それは正解

あたしはきっとジェイのことを、これっぽっちも理解していないし――」「俺もコイツのことなんて、わけがわからん

特に、納得って部分はな」「そもそも、二人の関係は?」「ああ、旅人のあたしが、ジェイんとこを寄生木にしただけ

半ば強引にね」「よく兄さんが許したね」「いや、だってコイツの術式、かなりレベル低いんだもん

ほら、さっきの訓練だって、魔術師でもないあたしが簡単に対応できちゃうんだよ? 視野が狭いなあって思わない?」「えっと、私は兄さん以上の魔術師は知らないから、なんとも……」「おい、親父のことを忘れたのか」「忘れてはないけど、実際に見たわけでもなし、わからない」「――ん? ジェイ、やっぱり実際には師事してない?」「そうだが……やっぱりってなんだ、やっぱりって

物心ついた頃にゃ、もう親父はいなかったからな」 それでも生活はできた

いや、生活しかできなかったのも正しいか――その点ではエイレリク・ウェパードにも、面倒をかけた

年上というだけで、さほど変わらない子供に、保護者をやらせてしまったのだ、その点については今もまだ借りがあると思っている