バイオハザード スロット エクストラゲーム

バイオハザード スロット エクストラゲーム

口で諌めることもできただろうに、自分の浅はかさを恥じるばかりだ

「そう思いつめた顔をするでない

負けて酷い目にあったのはわしの方じゃぞ

わしの立場まで奪う気かの?」「いや、そういうわけでは……」「わしからすればお前さんがあの坊主から評価されたいと固執することは嬉しいことじゃて」「固執……そうかもしれない」 確かに彼と出会ってからというもの、彼に頼られたいと思う気持ち、護りたいと思う気持ちがあることは自覚している

あなたも好きかも:化物語 スロット フリーズ確率
そして今回もまたカラ爺と比較されて劣っていると思い、自制することができなかった

「しかしあの場でわしの方を応援するあたり、坊主もえぐい真似をしよる

あなたも好きかも:パチンコ 振り分け 仕組み
おかげで死ぬかと思ったわい」「重ねて申し訳ない……」 応援の声が響く中、彼の声が私ではなくカラ爺に向けられたことに熱くなってしまっていた

手合わせだと言うのに相手の立つ瀬を奪うような振る舞いをしてしまった

 未熟もいい所だ

あなたも好きかも:横浜 パチンコ サントロペ
だがなぜそうなってしまうのかどうも分からない

「その様子では何故坊主に対して拘っているのか自分でも分かっておらんようじゃの

知りたいなら教えてやってもええがの」「分かるのか? ならば是非聞きたい」「ずばり恋じゃな」「カラ爺、その頻繁に壊れる腰だが、一度完全に壊せば却って良くなるのではないか?」「待て、冗談じゃ、剣を握るでない!」 全く、人が本気で悩んでいると言うのに

「わしとて妻子持ちじゃ、恋心くらいは分かるとも

お前さんが坊主に抱いているのはまた別の感情じゃな」「それは……?」「憧憬に近いものじゃな

先に言うがお前さんが父に抱く騎士としての憧れとはまた別の物

持ちえぬ物を持つ者への憧れじゃ

父のような騎士を目指すその憧れは、今は届かぬがいずれは手にするであろう境地じゃ

じゃが坊主の場合は違う