パチンコ★パチスロtv hd

パチンコ★パチスロtv hd

あなたも好きかも:パチンコ台 レッドライオン
……私だったら、絶対出来ないよ……」「って言うか、やる必要ないじゃん」 七海は呆れ気味に苦笑した

「こんなトコに住んでてさ、何不自由なく暮らしてるでしょ? すっごい幸せそうだし」「……うん……、……そうだね……」 家を見渡すように室内をぐるりと見回され、優樹は少し笑みを溢していたが、途中で「あっ……」と思い出したように顔を上げ、身を乗り出した

「週末ね、一緒に遊ぶ?」「週末?」「うん

マー君とか、あと友達

みんな七海さんに会いたいって」 笑顔で誘われ、七海は「えーっ?」と訝しげに首を振った

あなたも好きかも:蒼天の拳4 パチンコ
「普通あたしなんかいない方がいいんじゃないーっ?」「そんなことないよ

七海さん、すっごくおもしろいモン」 にっこり笑われて、喜んでいいのかどうなのか、七海は苦笑する

優樹は「……あっ」と目を見開いて手を打った

「七海さん、しばらくここに泊まるんでしょっ? マー君が住み込みでお仕事探してるって言ってたけど……、だったら、うちで住み込みするっ?」 笑顔で覗き込まれ、七海は「……え?」と、表情をなくした

「うちのメイドさんたちね、みんな、敷地内の離れに住んでるの

……これって、住み込みのお仕事って言うんだよね?」「……うん……」「お母さんも七海さんとのお出掛けが楽しかったって言ってたし

よかったら、お父さんにお願いしてみる

あなたも好きかも:パチンコ 東京イースト 潮見
私も、七海さんがいたら遊んでもらえるから嬉しいんだ」 「どうかな?」と、笑顔で首を傾げつつ提案する優樹に、七海は少し間を置いて、戸惑うような笑みを溢した

「……ありがとう

……ホントに、すごく嬉しい……」「じゃあ、お話ししてみるねっ」 やった! と言わんばかりに、楽しそうに笑う優樹をじっと見つめ、七海は少し視線を落とした

……優樹って、いい子だよね」 優樹は「へ?」と、キョトンとした顔を上げる