パチンコ パチスロ ファン感謝デー 2016

パチンコ パチスロ ファン感謝デー 2016

けれど、予想外にディードの言葉が深く刺さり、フェルディナンドの中に諦めと似た感情が広がっていくことから考えれば先代のアウブ・エーレンフェストではないだろうか

 ゆっくりと息をして、わずかに乱れた呼吸を整えるフェルディナンドを誰も見ていない

皆が注目しているのはディードとベンノのやり取りで、親の愛情を確かに受け取ったルッツの涙だ

「ほれ、帰るぞ、バカ息子」 ゴンとゲンコツを落とされても嬉しそうなルッツがひどく眩しくて羨ましい

自分には絶対に手に入れられないものを生まれた時から手にしている平民の子供をフェルディナンドは羨望の目で見つめている

 疲れた気分で家具の位置を戻す側仕え達の仕事を眺めていたフェルディナンドは自分の隣にも平民の子供がいることを思い出した

見下ろせば、最初に命じた通りにまだ盗聴防止の魔術具を握っているマインがいる

「あの家族が壊れなくて良かったな

あなたも好きかも:リング スロット 終焉 期待値
家族と和解させて、ルッツを家に戻す

それが君にとって最良の結末だったのだろう?」 盗聴防止の魔術具を握ってマインにそう言えば、マインは「よかった」と言いながら大粒の涙を流し始めた

あなたも好きかも:右京区 パチンコ屋
感情の赴くままに泣いたり笑ったりするのは優雅ではない

フェルディナンドが泣き止むように注意しても、嬉し涙だからいいのだとマインは笑みを浮かべて泣き続ける

あなたも好きかも:十日町 パチンコ屋
「ルッツ、よかった……」 まるで自分のことのようにルッツを案じていたマインをじっと見下ろす

赤の他人にここまで肩入れし、血を分けた家族でなくても深い情を交わすことができるマインをフェルディナンドが本気で不思議に思っていることが伝わってきた

 ……どうすれば君は……「ローゼマイン! ルッツのことは思い出せたか?」「へっ!?」 突然思考を掻き消すような大声で問われて、わたしは目を丸くする

フェルディナンドが何を考えていたのか、わたしが何を考えていたのか一気に霧散した

「な、何の話をしていましたっけ?」「ルッツのことを思い出せたかどうかを尋ねている」「いいえ、思い出せません

ただ、当時のわたしがとても大事に思っていた相手だということはよくわかりました」 より理解したのは、フェルディナンドが家族や親という存在にとても思い入れがあることだ