バカラ ザンザンスターl

バカラ ザンザンスターl

国のためとはいえ心苦しいものだね」とか言って苛め続けたら、上手いこと半狂乱してくれたんだ

そして、そのまま、主を助けに行っちゃったわけだ

ははっ、やったぜ」 笑いながらパリンクロンは答える

それはまるで、小さな子供が悪戯に成功したときに見せる無邪気な笑いだった

あなたも好きかも:パチンコ 技術 介入
 その笑いと内容のギャップに僕は唖然とする

「あ、煽った……?」「俺は煽りに定評があってね

あなたも好きかも:グラブル カジノ 1000万
修得している魔法も、そういった精神系が多い」「……な、なんで、そんなことを」「面白そうだからさ

あとフーズヤーズという国の不利益を願っているから、というのもあるな

ま、ほとんどが趣味だけどな」 パリンクロンは笑い、僕は言葉を失う

 ここまで自分の悪事を誇らしげに堂々と語る人物を初めて見た――というのが理由だ

 悪意に純粋過ぎて、対応の仕方がわからない

あなたも好きかも:パチンコ バージン 貯玉
こんな気楽に人を狂わせる人間がいるという事実に恐ろしさを感じる

 呆然としている僕にパリンクロンは話を続ける

「次は俺の質問だな

兄さん、君は主を――ラスティアラを助ける気はあるかい?」 ラ、ラスティアラを助ける……? それはつまり、ラスティアラは助けないといけないような状況ということだろうか?  パリンクロンの言葉は、麻薬にも似た毒のようだった

 先の話から、パリンクロンの精神魔法を警戒して、自分のステータスを確認する

しかし、ステータスに異常はない

これは、ただのパリンクロンの話術だ

 ただ話をしているだけで、こんなにも頭が痛い……