バカラ ショップ 六本木

バカラ ショップ 六本木

テンプル騎士団の兵士の大半は奴隷で、勉強をする事などできなかったのだから

あなたも好きかも:スロット 最新 台 オススメ
 俺たちの今日の任務は、彼らに勉強を教える事だ!「よし、起立」 教室の前に出て号令を発すると、兵士たちは訓練の時のように席から立ち上がり、一斉に敬礼を始めた

あなたも好きかも:大阪 カジノ 決定
俺とラウラも彼らに敬礼を返すと兵士たちは敬礼を止め、一斉に席に再び腰を下ろす

 もう既に支給してあった教科書とノートを開き、授業を受ける準備をする兵士たち

テストでかなり低い点数を取った兵士たちとは思えないほど真面目なんだけど、彼らは本当にバカなんだろうか? 予想以上に真面目だった兵士たちを見ながらチョークを拾い上げる

 ちなみに、親父たちが若かった頃までは紙は貴重品だったらしく、庶民が購入して勉強に使えるような代物ではなかったという

あなたも好きかも:ウィッチクラフトワークス スロット 天井期待値
けれども親父がモリガン・カンパニーを設立し、高品質な紙を、この異世界の紙の価格をバカにしているのではないかと思えるほど低い価格で売り始めたせいで、庶民も簡単に紙やノートを手に入れる事ができるようになった

それまで紙を作っていた工場も立て続けに潰れていったため、現時点でも紙の製造はモリガン・カンパニーが独占している状態である

 というか、様々な商品にモリガン・カンパニーのロゴマークが刻まれているのが当たり前なのだ

あの大企業の影響力はかなり大きいのである

だからこそ、列強国でさえモリガン・カンパニーには絶対に逆らえない

 もちろんここにあるノートもモリガン・カンパニーのロゴマークが入っているし、教科書や消しゴムもモリガン・カンパニーが作ったものである

義務教育がこの世界でも当たり前になったら、あの会社はもっと儲かるだろうな…………

「よし、授業を始めるぞ

ちなみに授業の最後に国語のテストをするからな