スロット カイジ 新台

スロット カイジ 新台

格好次第では、年齢以上に大人びて見えたとして、なんら不思議ではない

記憶の中の少女の姿が遙か遠い過去のものとなり、いま、目の前にいる大人びたエリナの印象に塗り変わっていくのも、自然なことなのだろう

 エリナとは、森の中を散策した

あなたも好きかも:2のつく日 パチンコ
 居住区を少し離れると、それだけで静かになった

居住区は、休日を謳歌するリョハンのひとびとで溢れかえっているのだ

あなたも好きかも:パチンコ 玉数計算
だからこそ、森に入った

あなたも好きかも:横浜西口 スロットポパイ
 ふたりだけの時間を得るために

「なんだか、不思議」「なにが?」「お兄ちゃんと、こんな風にしていられるなんて……そう想わない?」 確かに、そうかもしれない、と、セツナは、木陰に座る彼女の顔を見つめながら、想った

「はじめて逢ったときのこと、覚えてるもの」「……俺も、覚えてるよ

忘れようがない」「本当に? だったら、嬉しいな」 エリナが屈託なく笑う

その笑顔は、昔見た彼女の笑顔そのままだ

成長しても、変わらないものはある

「わたしはまだまだ小さくて、子供で、ただ泣きじゃくっていて……」「ああ

それで俺は、カランに向かったんだ」「それからすぐにカランを包み込んでいた炎が消えて……みんなで急いで戻ったのよ

そうしたら、ファリアお姉ちゃんがいて