闇堕型クラッキー

闇堕型クラッキー

これは向こうが加速しなければ、の話

空力機関を呑んでるから、こちらの思うように現状維持でいてくれるかどうか

 数分では魔導砲もチャージは完了しない

だけど……

「主砲を魔力砲モードへ

魔導砲も準備せよ」《了解しました、マスター

あなたも好きかも:岐阜 パチンコ 口コミ
現在、第一迷宮、第二迷宮の魔力チャージ量から推定しますと、魔導砲は出力五パーセントでの発射が可能です》「それでいい

あなたも好きかも:あの花 スロット 即ヤメ
魔導砲は『モード4』で発射準備

発射シークエンスは省略する」《了解しました

あなたも好きかも:パチンコ エアバイブ
マスター、艦内にお戻り下さい

甲板上は危険です》「いや、ここでいいよ

女にはやらなきゃいけない時があるのさ」《…………! ご武運を……!》「うん、指示は出すから心配しないで」《ハッ!》 一度通信を切る

背後から銀色スライム艦が近づいてくる

『遠見』を使わずとも目視できる距離だ

《チッ、近づいちまったナ

もう無理だぜぇ?》「いや、十分

ありがとう、イフリート」 時は稼いだ

この数分で態勢を立て直せた

私は第一艦橋付近に移動を完了し、体を固定する