dq11 スロット 100

dq11 スロット 100

そして、西に降れ

ミズガリスの下へ戻っても、おまえは栄達できぬぞ

あの男は、おまえを利用しているだけだ

あなたも好きかも:スカパー パチンコ 無料
利用するだけ利用して、必要がなくなればおまえからすべてを奪うだろう

あの男は、おまえと同じなのだからな」「わたしと同じ……?」「そうだ

あの男もまた、生まれ持った才能故、他者が愚鈍に見えて仕方がなかった

物心ついたときからだ

彼はいつだって、自分以外の他人を見下していた

父上でさえ、あの男には愚昧に見えていたそうだよ」「父上でさえ……」 ミナは、さすがに言葉を失ったようだった

絶句しただけではなく、顔面を蒼白にさせたのは、彼女がまだしも、先帝シウェルハインと実母であり皇帝正室のミルウーズについては、心の底から尊敬していたという事実があるからだろう

自分の父と母だから尊敬していた、ということではあるまい

彼女のことだ

あなたも好きかも:上野 パチンコ おすすめ
尊敬に足る人物とそうではない人間の区別は、もっと別のところでしているに違いなかった

そして、それにかなう人物だからこそ、彼女は父シウェルハインの判断については文句ひとついえなかったのだ

 そんな彼女にしてみれば、ミルズのいったミズガリスの真実は、衝撃以外のなにものでもなかったようだ

「陛下が……父上さえ見下していた、というのか? 嘘だ……」「考えてもみよ」 力を失ったミナの剣を打ち払い、彼は告げる

「あの男が父上を心底尊敬していたというのであれば、その遺命を尊重しないのはなぜだ? 父上が皇位継承者として指名したのは、ニーウェだったはずだ

ニーウェこそ、父上亡き後のザイオン帝国を支える存在にならなければならなかったはずだ

だというのに、あの男は、混乱を収めるという大義名分を掲げ、皇帝を僭称したのだ