アナザーゴッドポセイドン スロット

アナザーゴッドポセイドン スロット

「召喚士《サモナー》か……

あなたも好きかも:オンラインゲーム トリックスター
なら、このペガサスとグリフォンはアンタが今、この瞬間に召喚した……って事だな……

恐らく……さっきのアンフィスバエナとワームもアンタが召喚したものだろ?」 ライはペガサスとグリフォンを一瞥したあと、バハルの方へ視線を向けてアンフィスバエナ・ワーム・ペガサス・グリフォンは召喚された生き物だと推測する

いや、推測するまでも無く召喚された幻獣だろう

「ご名答……

だが、これらは本物じゃない

言わば俺が魔力から創り出したエネルギーの集合体さ……」 その推測を聞いたバハルはペガサスとグリフォンを消し去り、自身の魔力で創った生き物と説明する

あなたも好きかも:パチスロ バイオ ハザード 6 ゾーン
 命を創り出す事は並大抵の者では出来ない

あなたも好きかも:パチスロ一撃ランキング
 そして本物を別の場所から連れてくるとしても、先程のアンフィスバエナやワーム、ペガサスにグリフォンのように静かに待つ訳が無い

 突然別の空間に移動させられたのなら戸惑ってしまうだろう

なので、バハルが創り出した幻獣・魔物は全てバハルの魔力なのである

「へえ、偽物の幻獣・魔物を魔力から創り出す……ねえ? じゃあ、この宮殿はアンタらの錬金術師と召喚術……その二つを上手い具合に使って造り出したってところか……成る程ねえ……」 その説明を聞いたライは、この宮殿の秘密を推測した

 シャドウはエレメントを使えず、この宮殿は側近の誰かが造ったと述べた

 アルフとバハル、この二人の術を組み合わせれば宮殿くらいなら造り出せそうである

「ハッ、全体的に曖昧だな

上手い具合にってどんな具合だよ