永遠の番人の館 ルーレット

永遠の番人の館 ルーレット

また共通性、関連事項、資質との関係、相性、そういった面も重要になる

自分がイメージしやすい物であればるほど技は会得しやすい

彼らの会得した技はそれぞれの性格にも見合っているからこそ

ならサフラの場合はどうするべき? サフラの性格、そこからの由来、サフラの好み、そこからの由来、サフラにとってイメージしやすく好きな物、相性がいい物を想像しそこから技に繋げる

今まで色々とやってきたものはあくまでこういった技、というイメージでありサフラ自身の望みや好みとも違っていたかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ トータルイクリプス 確変判別
そもそも……そう、雷ばかりをイメージするのも間違っているかもしれない

あなたも好きかも:高島平 スロット データ
資質自体は植物も含めたもののはず

あなたも好きかも:パチスロ ゆまち
ならそちらがサフラにとっては技にしやすい物である可能性もある

本人に話を聞くのが一番かもしれない……?」 技に定型はない

技は魔法と似通ったもの、というのは技に関していろいろ考えられたうえでそういうふうに結論づけられているというか、魔法と技は原理的には近しい、同じようなものという扱いというか

魔法は呪文や詠唱などを用いて魔力を使い現象を引き起こす、しかしそういった呪文や詠唱は変換式であり、儀式魔法のような儀式でも返還式にはなり得る

技もある意味ではそういった魔法を行う絵での変換式を、己の技術一本で成立させ、それに伴い魔力消費を著しく少ない状態で魔法として成立させる、という形にしている

ただ、やはりそれは魔法とは違い一連の動作に付属する形での発言が基本であり、それゆえに魔法ではなく技という形で別の認識になる

もちろん本当に技は魔法であるというわけではなく、原理的に魔法に近い物という認識であっても本当の意味で魔法というわけではない

そのあたりは魔法に関して研究するものでも完璧に実情を把握できているわけではなく、少々難しいところである

 まあどういう形であれ、魔法に近いということは本人のイメージ力や理解力も重要になってくる

本人の資質の重要性はもちろん、本人がそれに対して好ましく感じでいるかどうか、それと相性がいいかどうかも重要になってくる

相性の良し悪しは結局イメージ力にもつながるし、本人の感情もそういった技などには影響してくるわけである

「好きなものをイメージする、それを力に変えるイメージなんかもいいかもしれない