bingo スロット 攻略

bingo スロット 攻略

隠される形で存在する階段は明らかにもともと用意されていたものではないように思える

おそらく後付けで作られたものなのだろう

廊下の突き当りにあるその階段はかなり下まで続いているのか暗くてその先を見渡すことはできなかった

あなたも好きかも:今井達也 パチスロ
「館長・・・それがこのグループのトップの役職なの?」「そうだ

ここは図書館だ

あなたも好きかも:ブラックジャック ed 大好き
だからトップも館長がいいだろうって・・・」魔導書図書館

グループとしてどのような活動をしているのかは知らないがこのような若い魔術師もしっかりと役職で呼び合っていることから統制が取れているチームであることがわかる

統制が取れていなければ魔導書の管理などはできないかと今更ながら思いながら康太と文は魔術で明かりを作りながら図書館に向かうための階段を下りていく

下に行けば行くほどに、その匂いが強くなってきた

古本のにおいとでもいえばいいだろうか、紙が酸化した時に出る独特の香りだ

それに加えてカビか何かの若干の不快なにおいも漂っている

あなたも好きかも:対数の法則
どちらも多くの古い本を扱う場所ではよくある匂いだ

換気はしっかりと行われているらしい、エアコンなどないだろうにどのように空調を効かせているのか気になるところではあるが、今はその疑問は置いておこうと康太たちがその場にたどり着くとそこには春奈の修業場よりも数があるのではないかと思われるほどの魔導書の数々が並んでいた

本棚の上にさらに本棚を重ね、すべてが整理整頓されている

まるでパズルのように種類の違う本を組み合わせる形で少しでも多くの本を保管しようという試みがあるのが見て取れる

本をとるために必要な梯子に加え、本を管理するための帳簿のようなものも数多く存在していた

本当に本を管理するためのものであることがうかがえる場所だった

「すごいな・・・これ全部魔導書か・・・?」「そうだ、俺たちはこれを保管、管理してる