テーブルゲーム 定番

テーブルゲーム 定番

 もっとも、術式転写機構がウルクの頭脳へと変質したことについては、ミドガルド率いる魔晶技術研究所の研究の成果などではなく、奇跡の産物であるらしいのだが

あなたも好きかも:パチンコ キン肉マン アプリ
「奇跡が起きたのは、おそらく必然だったのだろう」「必然ですか」「あなたがいて、あなたが特定波光を発した

それが始まり」 ミドガルドが、思考機構を頭部に戻しながら、告げた

その言葉に込められた様々な感情が、セツナの脳裏に記憶を巡らせる

ウルクとの出逢いから今日に至るまでの色々な景色

「黒色魔晶石を心核としたのもまた偶然ではなかったが、それはエベルの見えざる導きによるものだった

が、しかし、ウルクの術式転写機構が変容し、ウルクが自我を得たのは、エベルとは無関係のことだったのだ

あなたも好きかも:パチンコ 曜日 関係
まさに奇跡としかいいようのない現象は、あなたがもたらしたといっても過言ではない」「俺は……なにもしていませんよ」「確かにそうなのだが、しかし、あなたがいなければ、あなたがこの世界に召喚されてこなければ、本当の意味でウルクが生まれなかったのもまた、事実」 ミドガルドは、機械を用い、躯体頭部の内骨格、外骨格を接合していく

その手慣れた作業は、これまで数え切れない魔晶人形や魔晶兵器を開発してきたことを想像させる

魔晶兵器の研究設計のみならず、開発製造も行っていたのだろう

でなければ、これほど手際よく行えないはずだ

あなたも好きかも:パチンコ バカボン
「ウルクは、あなたの存在によって自我を得、言葉を得、感情を得た

自分を育み、心を育み、成長を重ねた

ウルクがこうまで立派に成長できたのは、セツナ殿、あなたがいたからだ

あなたと出逢い、あなたと触れ合い、あなたとともに歩んできたからだ」 ミドガルドは、横に寝かせていた躯体の頭部を元に戻すと、調整器上部側面の端末を操作した

せり上がっていた台座が下がっていき、躯体が調整器の中に隠れてしまう

そして、開いていた蓋も閉じた

術式転写機構の核とやらを嵌め込むだけでは駄目なのだろう