まどまぎ スロット 初代

まどまぎ スロット 初代

骨の位置がズレ、今にも皮膚から骨が突き出そうとしていた

『ウオオオオォォォォォ!!!』 そして次の瞬間、バロールは高らかと足を上げ、フォンセにトドメを刺そうと動き出す

「……!」 フォンセは咄嗟に目を瞑り、殺されそうになっている現実から逃げようと──「……フォンセ!!」「……!!」 ──した瞬間、空から誰かが名前を呼んでフォンセの前に降り立った

「……リ……ヤン……!」「…………ッ!」 リヤンはヴァンパイアの怪力を使い、バロールの足をフォンセから反らした

あなたも好きかも:ポイペット カジノ
 そんなリヤンを見て名を呼ぶフォンセ

名を呼んだ瞬間、辺りには砂埃が舞い上がり視界を悪くしていた

あなたも好きかも:スロット 修羅の刻 設置店
「……無事……だったか……」「フォンセ……しっかり……! 私がフォンセを……護る……!」 フォンセは次に狙われたのでは無いかと思っていたリヤンが無事で安堵する

 恐らくヴァンパイアの再生力も使える為、多少のダメージなら動く分には問題ないのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 連勝
『ウオオオオォォォォォ!!!』「「…………!!」」 フォンセの安堵も束の間、再びバロールが大きな咆哮のような声を上げた

 フォンセとリヤンは意識をバロールの方へ向け、リヤンは構えを取る

「リ……ヤン……! 逃げ……ろ……! 此処は……私が……!」 そんなリヤンに話すフォンセ

話す度に激痛が走っているのだろうが、今はリヤン優先だった

 恐らくリヤンでは勝てない