バカラ カプリ

バカラ カプリ

 それに対し、僕は言葉を返そうとして――「パリンクロン、傷一つでも負えば終わりだって言ったよな

これで――」「あの野郎! パリンクロンが豪語するだけのことはあるな!!」 メンバーの一人に言葉を遮られた

あなたも好きかも:観音寺 パチンコ 求人
 それに合わせて、多くのメンバーたちから次々と声があがっていく

「面白そうだ

次、俺が行ってみるぜ」「いや、私がっ!」「リーダーたちが揃って敗北か

面白い」 三戦を終えて、なぜか訓練場内は盛り上がってきていた

 元々、好戦的な人間が多かったのかもしれない

 しかし、それ以上に、彼らの僕を見る目が、どこかおかしい(・・・・)

 メンバーたちのテンションが上がっているのを指差し、パリンクロンは笑う

あなたも好きかも:群馬県 伊勢崎 パチンコ イベント
「荒事を生業とするのがギルドだ

傷一つ負ったくらいで終わりなわけないだろ? あれは、ただの挑発だ」 パリンクロンの話に、多くのメンバーたちが同調する

「そうだ! 終わっちゃ困る! まだ俺が挑戦していない!」「そのくらいの傷で何を言ってるの? 戦える限り、戦うに決まってるじゃない」「なあ、次は俺がやってもいいか? 頼むよ」 血気盛んなメンバーたちを見て、僕は顔を引き攣らせる

 そこにヴォルザークさんの一声が通る

「待て、おまえら! グレン妹っ、まずおまえが行け!」 グレン妹という呼称が呼ばれ、全員の視線が遠くで休んでいた獣人の少女――スノウに向けられる