p9lite スロット

p9lite スロット

 問題は、その気になるかどうかだけなのだが、そこまでする気にはなれないというのが、いまの考助の正確な心情だった

あなたも好きかも:p4 パチンコ 保留
 もうひとつ言えば、土の専門家は既にいるのだから、別に自分がやらなくてもいいやということでもある

あなたも好きかも:スロット アナゴ
 ちなみに、その専門家というのは大地母神として名高いクラーラだったりするので、そもそもの基準がおかしかったりする

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 出玉
 このように、考助がその気になって動けば、いくらでも最高の環境を得ることはできるが、敢えてしていないのはそれこそ趣味の範囲内でしかないためである

「自分の力だけでいろいろと試してみるのは面白そうな気もするけれど、今となってはなあ」 自分自身が現人神という身になっていることは、そろそろ自覚が出てきている考助だ

 そのため、そのことがどんな風に左右するかわからない状況では、下手に環境を大きく変えるようなことには自らは手を出したくないというの思いもある

 ただし、そんな考助を見て、フローリアが苦笑を返した

「いや、今更だと思うぞ?」「うぐっ!?」「そうですね

今さらですね」「シルヴィアまで!?」 まさかのシルヴィアの裏切り(?)に、考助は目を見開いて、わざとらしくその場に崩れ落ちた

 そのうえ目元をぬぐう仕草まで入れていて、完全にお遊びでやっているのだ

 シルヴィアとフローリアも一見してそのことがわかったので、一瞬だけ顔を見合わせて、揃って考助の肩に手を置いた

「その辺にしておけ

時間の無駄だぞ」「そうですね」 なんとも容赦のないふたりの言葉だったが、考助はすっくと立ちあがって、「それもそうだね

そんなことを今更言っても仕方ないや」 気にした様子もなく畑を見回した

 これから先、畑をどうするかは具体的には決めていないが、そもそもこれ以上の拡張をするかどうかもわからない

 なにせ、最初にできる限りの土地を耕してしまったので、増やすとなると結界の見直しをしなくてはならない