スロット 真実

スロット 真実

それに、超巨大魔法陣の解析は黒本ウレンテの情報を使っても、そこまで進みそうないですし」「図書ギルドにお願いした写本待ちっスかね」「そうだね」「うーん

あなたも好きかも:スロット まどマギ2 動画
でもな、本当に役に立つ代物なのか……心配だぞ」 そうなのだ、写本をお願いしたものは、フィグトリカに借りた本とは違う

紙の破片をつぎはぎしたものを書き写した物だ

 つまり、フェズルードで手に入れた本や、黒本ウレンテほど、期待は出来ない

「ダメ元で集めていくしか無いと思います

質では無く、量を頼りにするしかないと……」 精度が怪しい分は、数でカバーか

「でも、お金はどうするっス?」 図書ギルドに、書籍の捜索などをお願いすれば、もう少し黒本や黒本もどきは手に入るかもしれない

あなたも好きかも:成田 パチンコ屋
コレクターにお金を出して借りる方法もあるという

 どちらにしても費用がかかる

 それに、写本の代金も必要

手持ちだけは、すぐに尽きてしまうだろう

「写本が高いっスからね」「今あるお金で出来るところまでやろう

また、金策が必要になりそうだな」 話は食事が終わっても、延々と続いた

 パソコンの魔法について、テスト自動化や、言語仕様の変更のこと

 オレをはじめとする一部メンバーがスプリキト魔法大学に入学した後の役割分担

 他にもいろいろと

 ずいぶんと久しぶりに夜遅くまで続いた話し合いだった

 いつも以上に、効率的に進める事を暗黙の了解として話は進んでいたと思う