空母 装備 スロット

空母 装備 スロット

父が、才能溢れる賢者という立場にありながら、領主という立場に囚われ、この土地に縛られて、自由という"時間"に憧れていたのを、子どもの頃からバンは見ていた

けれど、責任感の強いこの人はどの役目からも逃げなかった

逃げないでいることで、何か分からないけれど、大切な何かを守ろうとしているのも、その大きな背を見て育ったバンは知っている

『……ただ、私が父上に与えられる自由なんて、この領地の中での自由の時間なぐらいなものですが』自嘲しながら言う息子に、父は首を小さく横に振った

『そんな事はない、ありがとう』父が"本当に自由"になるには、自分の能力が足りないのは承知しているが、少しでも感謝を自分の口から伝えたかった

あなたも好きかも:ドラクエ大辞典 カジノ
『私は貴方の息子としても―――この国に、安寧をもたらした賢者、そしてこの土地を守ってくれた領主としてのピーン・ビネガーに、出来るだけの恩返しをしたいと考えています

だから、どうぞ、"自由"に』こういった言葉を口にして、自分に出来る限りの事をすると、バンは決心をした

その決心と気概を感じ取ったピーンは改めてまた、頭を下げる

『ああ、それでは心置きなく、私はバン・ビネガーが与えてくれる自由の中で、やりたいことを、やらせてもらおう』父と息子の会話が終わったのを確認してから、今度はシネラリアが一礼して言葉を挟む

この領主邸に戻る前に、夫のバンと話しておいた事をシネラリアは義父に話した

あなたも好きかも:サイバードラゴン スロット bgm
その話に、ピーンは"祖父"として、賛成はしかねたが、シネラリアの決意は固い様子だった

"……お義父様には、私のやり方は歪んで見えると思います