大山 スロット イベント

大山 スロット イベント

観客席からイベント会場へと移動した私たちは、空に浮かぶ巨大なスクリーンを見ていたわ

『やっほー!皆楽しんでるーっ?!』『今から簡単に午後10時からのルール説明をするよっ! なんと!これからの時間は宝探しも交えた争奪戦さっ!』『今まで出遅れていた子達もここで逆転のチャンス!』 ふむふむ

つまり、10時からは今までに参加出来なかった人への救済措置的な時間なのかしら

『これまでに集めた全てのお宝がプレイヤーの体のどこかに表示されるんだよっ!タッチしたらゲット出来ちゃう!』『奪った側は奪った宝物の半分のポイントを手に入れることができるんだ

プレイヤーの頭上に表示されている数字が自分よりも高い場合にのみ強奪は成功するから、気をつけてね! 数字は今から見えるようにするよ!皆、手を見てご覧!』 ラビの言葉に手...あ

私の場合は肉球ね

あなたも好きかも:スロット 有利区間
それをよく見てみると、そこには数字が書かれていたわ

 なるほどね

あなたも好きかも:中田ゆみ パチンコ
えっと、私は...568

これが多いのか少ないのかはよく分からないけれど、これよりも多い人からは宝物を奪うことが出来るのね

 周りを見ると、目に入ったプレイヤーの頭上には272と表示されていたわ

 へぇ?二分の一程度なのね...

あなたも好きかも:アサヒ パチンコ 岸和田
それなら、私は割と多い方に入るのかもしれないわ

取り合いに興味はないけれど、狙われる可能性がある事は覚えておきましょうか

『げこくじょーだーっ!みんな頑張れー!...ラビ

ところで、げこくじょーって何?』『...それは後でトビに教えて貰って

』『えー