エヴァ スロット aタイプ

エヴァ スロット aタイプ

ある程度の方向性が見えてる龍馬とは違って、私と総魔の特性は全くの未知数だからよ

あなたも好きかも:新鬼武者 引き戻し スロット
大体、こんな感じかな~?なんて思えるような情報さえないわけだしね

そんな状況だから情報を集めるために図書室に来るのは当然かもしれないわ

「じゃあ、今日は特性関係を調べれば良いの?」「そうだな

それもあるが確認された能力がどの程度あるのかも今後の参考にはなるだろう」「うん、そうね

あなたも好きかも:lord of vermilion スロット
じゃあ、その辺を中心にして調べていこっか」「ああ」短い打ち合わせを終えて総魔と一緒に図書室に入ってみる

だけど、ね?図書室ってわりと本気で広いのよ

どこに何があるのかなんてさすがの私も全然把握してないわ

「どこから調べれば良いのかな~?」基本的に勉強は苦手だから、図書室に来てもどこを探せばいいのかが分からないのよね…

はぁぁぁ…

あなたも好きかも:スロット 秘宝伝rev
結構、本気で悩んじゃうんだけど…

「職員に聞けば良いだろう?」総魔があっさりと答えてくれたわ

あ~そっか!それもそうよね

って言うか、最初からそうすれば良かったのよね

「それじゃあ、聞いてくるわね~」怒られない程度に急ぎ足で進んでみる

そして受付で図書委員から話を聞いて本棚の位置を確認したわ

聞いた感じだと普段総魔が調べてたような魔導書とは違って、能力関係の研究資料は図書室の奥の方に保管されてるみたい