elona me カジノ

elona me カジノ

将来、メリルの隣にはだれが立っているのだろう

そんなことを想像して、虚しさを覚えたりもする

あなたも好きかも:パチスロ g 意味
 自分には未来がない

「そういえば……旦那様」 ふと気づくと、メリルが空想から復帰していた

あなたも好きかも:旦那 パチンコ 離婚
「なんだい? 改まって」「オーギュスト様からうかがったのですが」「ふむ……?」 嫌な予感がしたのは、メリルは普段、ナーレスとの会話でオーギュストの名を出すことはなかったからだ

サンシアン家の当主は現在ナーレスの部下であるが、特別な立場にあるということに変わりはないのだ

おいそれと言葉にしていい名前ではなかった

 メリルが、覚悟を決めたように聞いてくる

「時間がないとは、どういうことですか?」「……そのことか」(オーギュストめ……余計なことを) ナーレスは胸中でつぶやいたが、この場合、口止めもしていなかった自分の方にこそ落ち度があるのもわかっていた

 彼は、メリルの真剣な眼差しに映り込む窓の外の光に目を細めた

あなたも好きかも:うみねこのなく頃に パチンコ
輝く瞳は、彼女の人間性を示しているかのように美しく、眩い

「命の、ね……時間がないんだ」「命の……」「わたしにはわかるんだよ

この身に流れる命の時間が、刻々と終わりに向かっているということがね」「わたくしには、わかりません」「そうだろう

君は、わたしではない」 メリルが表情を歪めたのが、ナーレスには辛かった