バカラ 大阪

バカラ 大阪

 『古事記』には呉音による「漢字」、『日本書紀』には漢音による「漢字」が当てられています

 これらの音を当てる「漢字」のことを、とくに際立って表現されていた『万葉集』の名を付して「万葉仮名」と通称されるようになったのです

 江戸時代後期に和学者の春登上人氏が『万葉用字格』において「万葉仮名」を分類して973の借字があったと判明します

あなたも好きかも:化物語 スロット ヒロイン変更方法
「万葉仮名」は今の「ひらがな」の母体であり、少し遅れて「カタカナ」の母体にもなります

「万葉仮名」は公的文書に用いられ続け「男仮名」とも呼ばれていたのです

これは女性に限って用いると決められていた「ひらがな」を「女手」と呼んでいたことに由来します

ひらがなの誕生「ひらがな」は平安時代、万葉仮名の草書体化が進んでから生まれた文字です

あなたも好きかも:パチンコ プレゼント あつもり
 八世紀末の正倉院文書に見られる「草書体化が進んだ文字」ということで「草仮名」とも呼ばれるようになります

あなたも好きかも:パチンコ 都道府県
この時点ではまだ「草書体化が進んだ文字」程度であり、現在の「ひらがな」とは開きがあるのです

 九世紀後半から歌文に用いられてきた「ひらがな」は『古今和歌集』によって初めて公式の文書に現れてきました

 十世紀の紀貫之氏『土佐日記』は「ひらがな」で書かれていました

紀貫之氏は男性であり、「ひらがな」は「女手」と呼ばれるくらい私的な場か女性に仮託したかしないと書かれないものです

『土佐日記』に記されている「ひらがな」は現在の「ひらがな」と遜色ない字体で書かれています

他にも和歌は「ひらがな」で書く風習が確立されていたのです

それにより貴族の間で広く用いられるようになりました

 そして十一世紀初頭、紫式部氏が書いた『源氏物語』は本邦初のみならず世界でも屈指の早い時期に書かれた長編小説です