ウェブ スロット

ウェブ スロット

もちろん、そのための近隣国であり、同盟国、友好国、従属国なのだが、それらが裏切らないとも限らない、というのが反対派の主張だった

 ガンディアの近隣国の中には、当然、ガンディアと友好関係にない国もある

そういった国が、マルディアへの派兵中に侵攻してくる可能性も皆無とはいえない

ましてや、騎士団との戦いが長期化すれば、その可能性は強くなる

反対派はそれを恐れている

 そんな反対派を後押ししたのは、左眼将軍デイオン=ホークロウだった

あなたも好きかも:パチンコ 腹いせ
彼は、クルセルク戦争後からクルセルク方面を担当していたこともあり、クルセルク周辺の国々の事情について詳しく、それによると、アンゼルカ、シャルルム辺りがガンディア領土を狙っており、隙が生まれるのを伺っている状況なのだという

あなたも好きかも:ニンジャガイデン スロット フリーズ 確率
シャルルムはアバード動乱以降、外征に消極的に見えるが、それはシャルルムの常態であり、状況さえ整えばアバードへの電撃的な侵攻のように、ガンディア領土へも侵攻してくるに違いない、と断言した

また、セツナが憂慮するほどの騎士団とは、友好関係を結ぶべきであり、敵対するべきではないという持論を展開、エリウス=ログナーがデイオン将軍の持論を支持した

 つまり、エリウスも反対派に回ったということだ

あなたも好きかも:亜人 パチンコ 199 設置店
ケリウス=マグナート、スレイン=ストールも、マルディアへの派兵には反対している

 レオンガンドは、側近の中からも反対派が現れることには驚かなかったし、保守的な側面を持つデイオン将軍がマルディアへの援軍に反対することにも、別段驚きはしなかった

想定の範囲内のできごとだ

 中立派貴族の一部が派兵反対派に回ったのは、反対派の勢いを見てのことなのか、元々そういう考えだったのかはわからない

 大軍団長のうち、ユーラ=リバイエンが反対派に回ったのは、ザルワーン方面軍の実情を一番知っているからだった

ザルワーン方面軍は、アバードでの騎士団との戦いによって多大な犠牲を出しており、兵力が回復するまでしばらく時間がかかるという

そういう理由から、彼は反対した

ガンディア国土の中でマルディアにもっとも近いのがザルワーンだ