結城友奈は勇者である スロット 解析

結城友奈は勇者である スロット 解析

 せめてこの奇妙な空間に屹立するあの蒼い桜を目に焼き付けようと後ろを振り返った瞬間――――――美しいハミングが、唐突に俺の聴覚を支配したのだ

「………?」 ラウラのハミングだろうかと思ったけれど、彼女の声にしては少しばかり大人びているような気がする

ナタリアにしては幼い気がするし、カノンにしては無邪気で、ステラにしては情熱的

知っている少女たちの特徴が全く当てはまらない、謎のハミング

あなたも好きかも:パチンコ ひぐらし 129 評価
 メロディーも聞いたことがない

あなたも好きかも:京都 パチンコ キング
物静かで優しいメロディーは幼子に聞かせる子守唄を思わせるけど、こんな曲は今まで耳にしたことがない

「ふにゅ………ねえ、この子守唄は何? タクヤが歌ってるの?」「そんなわけあるか

俺の声よりも高いぞ」 ラウラにもこのハミングは聞こえているようだ

他の仲間にも聞こえているのだろうかと思って通路の方を見てみるけど、調査を終え、地上へと出ようとしている仲間たちは何事もなかったかのように、前や隣を歩く仲間と雑談をしながら階段の方へと向かって歩いている

 何だ………? 仲間たちには聞こえてないのか………?「なあ、みんな―――――――」 去っていく仲間たちを呼びかけるけど、誰もこっちを振り返ってくれない

あなたも好きかも:パチンコ 大海 物語 3 セグ
まるで俺たちの事に気付いていないかのように、通路の向こうを埋め尽くす闇の中へと歩いていく

 彼女たちを追いかけようとした俺だったけど、手を伸ばしながら駆け寄ろうとした瞬間、容赦なく耳へと入り込んでくるハミングが激痛へと変化した

まるで耳の穴の中に長い甲鉄の針を差し込まれ、そのまま反対側まで貫かれてしまったのではないかと思ってしまうほどの痛み

反射的にうずくまりながら両耳を手で塞ぐけど、そのハミングは消えてくれない

 むしろ、どんどん大きくなっていく

両手をすり抜けて頭の中へと入り込んでいく少女の歌声が弾丸の跳弾のように反響し、頭を内側から抉り取っていく

 やがて、鼻血が流れ始めた