ひぐらし 祭 スロットアプリ

ひぐらし 祭 スロットアプリ

"しっかりしている人"イコール、"恋愛も理解出来るっ"て考えてしまいがちにゃけれど、そうでもにゃいんだな、にゃ~」(最後のセリフは、どうやらウサギがライさんに言わせましたね)その事にはリコも気がついたのが、アイコンタクトを送られてアルセンにもわかった

ついでと言ってはなんだが、アルセンもウサギの賢者の話に乗ることにした

「私もどちらかと言えば、"しっかりした人間"に見られがちですが、本当にしっかりしているなら、30代後半に近い年です

結婚ぐらいしていても可笑しくないのに、全くそう言った話と縁がない」アルセンが励ましているのが理解出来るマーガレットは、カットしたアップルパイを皿に載せて、ライに渡して弱々しく微笑んだ

《もう少し、"パンチ"の効いた励ましはどうだい?》ライの膝の上にいる使い魔からのテレパシーに、アルセンは少し考えてとっておきの"しっかりしていない"部分を出す事にした

あなたも好きかも:カジノ 日本 経済効果
「数年前になんて部下から聞いた話では、"親友のグランドールと付き合っている"と言う噂まで出ましたよ」"とっておきのしっかりしていない"アルセンの話に、マーガレットは両手を口に当て、ライは再びアップルパイが乗った皿を受け取ったまま目を爛々と輝かせる

リコは本当に意味がわからず疑問符を"???"と3つ位頭上に浮かばせていた

「まあ、事実無根の根も葉もない噂でしたけれどね

あんまりにも見合い話を断っていた時期でもありました

グランドールと夜にはちょっとした酒場で相談にも乗っていたので、そう言った話がでたかもしれませんね

あの時は、今みたいに親しいご婦人に頼んで数回お茶をしたら、"グランドールと付き合っている噂"なんてすぐ消えましたが」アルセンは悠長に答えると、マーガレットは思わず吹き出していた

「あの、親友のグランドール様の相談にアルセン様が乗る事で、"付き合っている噂"がどうして、しっかりしていない事になるんですか?」リコが至極不思議そうに言うのには、ライが吹き出す

「リコにゃん、ワチシが後から"レクチャー"するにゃ」ライがフォローする事で、とりあえずリコの疑問符は引っ込む

あなたも好きかも:スロット 高設定 グラフ
「―――あの朗らかなグランドール様が、相談なんてなさるんですか?」マーガレットも"アルセンとグランドールが付き合っている"という根も葉もない噂が少しだけ気になっていたが、それよりもいつも豪胆な大農家が相談事という話の方がもっと気になったらしい

アルセンはほんの少しだけ逡巡し、(すみません、グランドール)と心の中で親友に謝罪して、相談事の理由を話す事にした

「グランドールはね、プロポーズをした相手から姿を消されてしまったんですよ