ブラックジャック c言語

ブラックジャック c言語

虎エークが吠えたのは、自分が出るという意思表示

それをテムが許可した次の瞬間、コウモリの翼を持つ黒虎が地面を蹴り、飛び上がった

「うう〜……」「だ、大丈夫?」 別の馬車に乗ってきていたアイシア達が、あの修羅場を知っているわけもなく、気分を悪くした俺は壁に手をつき、唸りながら呼吸を整える

 その二人は機嫌が悪いオーラ全開である

「何があったか尋ねても?」「あ、後にして……」 そんな不穏な空気感の中、俺達は城内へと案内される

 ハーメルトやナジルスタも立派なものだったが、ヴァルハイツも中々豪華かつ洗練された王城である

 だが気になったのは、その着飾り方

あなたも好きかも:神田 う の 旦那 パチンコ
 若かりし国王だろうか、デカデカと肖像画があり、息子と娘の肖像画まである

 だが不思議とこういうのって美化されて描かれてることがあるよね

「この肖像画は国王様ですか?」「ええ

あなたも好きかも:パチンコ 遊パチ ランキング
正面には我らが国王アポロス・ヴァルハイツ

こちらから右にロピス・ヴァルハイツ王子殿下

左にレイチェル・ヴァルハイツ王女殿下であります」 当然の如く、王族の肖像画だったわけだが、ここに来たことが何度かあるハイドラス達は、呆れた表情を浮かべる

「へー……ご立派そうな方だね」 この肖像画通りの精悍(せいかん)な見た目なら、素直にそう言えるが、ハイドラス達の表情を見るに、絶対違う気がする

 そんなことを口にしたアイシアに、つんつんと突っつく

「アイシアさん

今のうちに言っておきますが、あの肖像画、王女殿下以外は嘘ですからね

本人にあった時、失礼のないように……」「えっ? 違うの?」「ほらっ! そういうとこ! しぃー!」 ハイドラス側近の二人は、ぽろっと口を零してしまいそうなアイシアを含めた女性陣に注意喚起する