地獄少女 宵伽 スロット キクリ疾走

地獄少女 宵伽 スロット キクリ疾走

カケルが彼女の大ファンだということを

 そして……全てを知るのはこの私のみ! 全知全能の美の化身

 神界きっての天才にして、最年少創造神のこの私、イリゼ様だけなのよ!!!!! 突然ポーズを決めた私に集まる周囲の視線なんて気にしない

 うふふ、もう少しで逢えるわね2人とも

私までドキドキするんですけど!? とりあえず、レポートには書けないから、この部分は私に置き換えておきましょう

あなたも好きかも:シンフォギアチャンス パチンコ
 イリゼはこうして妄想レポートを書きあげてゆくのだった

「王子様って向うの世界ではどんな身分だったんですか?」 そういえばとサクラがたずねてくる

あなたも好きかも:パチンコ 北野田
「俺のいた国には身分制度がないからな

うまく説明できないんだけど、こちらの世界だったら、女神様の元に全ての人間は家族で、みな平等って感じかな? もちろん、仕事上の立場の上下はあるけどね

サクラのご先祖様ももちろんそうだぞ」「わっ! 千川桜様ですね! 王子様もご存じなんですか?」 憧れのご先祖様の話題に瞳を輝かせるサクラ

あなたも好きかも:黄門ちゃま スロット 高設定
 もちろん知っているさ

思い出したくなかったけど、こちらの世界で幸せになったのなら気にすることも無いだろう

「ああ、結構な有名人だったからな

千年以上続く名家の出身で、すごい美人だった

何不自由ない人生を送れたはずなのに、砂漠化を食い止めるために世界中を回って植樹をした人だよ」 その最中にテロリストに殺されちまったけどな……「砂漠化?」「文明が発達して人が増えると森を切り開いていくだろ? そうすると森が果たしていた土壌の保水機能がなくなって、砂漠化していくんだ

俺がいた世界の文明の多くはそうやって滅んでいったんだよ」「王子様の国は大丈夫だったんですか?」「ああ、俺の国は昔から切った以上に植樹しまくってきた歴史があるからな

ちなみに俺たちの国は国土の7割が森林で、そのほとんどが何千年前のご先祖様が植樹した木の子孫なんだ」「あっ、わかりました! だから桜様はこの世界で生涯、木を植え続けていたのですね