スロット 穴あけ

スロット 穴あけ

 彼等が、楽しそうな事以外は

 かつての、私達みたいに

「何してんの」 聞き慣れた声

 どんな時ですら、心が温まる

あなたも好きかも:デレステ キャンペーン スロット
 意識を越えた部分でのつながり

  それは血縁だけとは、私は思っていない

「姉ちゃん」 怪訝そうに私を見てくる真輝

あなたも好きかも:ゲーム機 設計
 私はどうにか元気を取り戻し、背負っている木刀を指差した

あなたも好きかも:黒石 パチンコ屋
 「あなたこそ、それは」「これがないと始まらない

実戦系剣術の部員としては」「もうクラブは始まってるんじゃないの」「かもね」 いい加減な返事

 とはいえ彼が、不真面目な訳ではない

 クラブはともかく、剣に関しては何よりも真剣に打ち込んでいる

 決して、姉としてのひいき目ではなく

「七尾さんも、渡瀬さんまで」「たまには母校に来るのもいいと思っただけだ

ちゃんと、練習してるか」「試してみる?」「木刀とやり合う程馬鹿じゃない」 冗談っぽく両手を上げる七尾君

 ただ彼が本気になれば、例え木刀があろうと真輝が敵う相手ではない

 それに七尾君も、剣を扱えない訳ではないし

 私もまた

「ちょっと、貸して」「あ、うん」「へへ」  喜々として、木刀を振るチィちゃん