パチスロ 開発 中

パチスロ 開発 中

 表現する言葉を、持て余す

 類似する言葉をいくら並べ立てたところで、その本質からは遠のくような気がして

「――やっぱり、変わった人なんだろうね」「アキハとしては、アリなわけ?」「んー、どうだろ

あなたも好きかも:パチンコ ちょだま 保証
感謝はしてるけど、ありなしを言えるほど付き合いはないし、知らないから

よくわかんないっていうのが、正直なところ」「知りたい?」「……そうだねえ」 どうだろうか

 いや、峠を越える日は、ずっと心配していたんだ

誰かの手を借りたくない、なんて理由で拒絶して、弟を一人残して去ろうとした罰くらい、少し意地悪をしてもいいだろう

「それが姉さんの〝言い訳〟になるなら、うん、知りたいかな

あなたも好きかも:北浦和 パチンコ ガイア
だから頼むよ」「あんたねええ……動けるようになったら覚えてなさいよ」「あれ? それって、承諾するってこと?」「……うっさい

あなたも好きかも:is パチスロ 感想
私だって、生きてることに、感謝くらいしてる」「――うん、知ってるよ

ちゃんとわかってる」 姉はその赤色を、負い目だと思っていて、それがあるからこそ振り払おうとも思っている

二つ歳の離れた弟である自分を、ちゃんと見てくれていることも知っているし――であればこそ、アキハもきちんと姉を見ていた

 その負い目が、どうして自分にはないのだと、代わってやれればと、そんな傲慢な想いを抱いたこともある

けれどそれは叶わぬ望みで、だったらその負い目そのものを消してあげたい、そう考えていた頃もあったけれど、わかったのは、それが弟である自分では不可能だ、という現実だけだ

 諦めたわけではない

ただ、悔しさを呑み込み、だからこそ姉をちゃんと見ようと、そう思った

「――っと」 テーブルにある本を取ろうとして、やめる

「お昼が近いか」「もう流動食飽きたー」「医師(せんせい)が言うには、今日から流動食はいいって話だけど、さすがに肉はまだ駄目だよ