パチンコ 千 円

パチンコ 千 円

「……こりゃ……一平たちもただじゃ済まないかもな」 その言葉に優樹はピクッと肩を震わせ、涙に濡れた真っ赤な顔を上げた

――一平と白川、そして華音の姿がない

「……マー君……は?」「白川はちゃんと傷の手当ても済んだ

……けど……」「呼び出されたんや

あなたも好きかも:パチスロ is<インフィニット・ストラトス>
一平と一緒に」 立花のあとに、大介がため息混じりに続けた

あなたも好きかも:basara3 スロット 天井
「なんでも、二人して校内の公共物を危険にさらした、とかなんとか」「華音は暴力沙汰」 生美が更に続ける

「手紙で人を脅したとかで

あなたも好きかも:サムライガールズ スロット ミニキャラ オーラ
……ホント、どうなってるんだか」「思いっきり狙われとったんやな

オレら」 優樹は「……っ」と息を詰まらせて涙を浮かべ、生美の制服の脇を握りしめた

「……ごめん」 みんなの背後で、洋一が力無く俯いている――

「……やっぱり、オレがいたからだ……」「まだそんなこと言ってるのかよ?」 立花が呆れ気味なため息を吐きつつ腕を組んだ

「誰もおまえを責めちゃいないだろ

勝手に落ち込むな」「……けど、始まりがオレからだ

……オレ一人のことならいい