パチンコ サーチライト

パチンコ サーチライト

 それと同時にその場に居た二人と一匹は姿を眩ませ、荒野に大きな振動を伝えながらぶつかり合う

「ハッ! 遅ェ遅ェ!! テメェらは雷魔術を使うが、俺は雷その物だぜ!!」 一人と一匹──サイフと黄竜を相手にする者、ゾフル

 ゾフルは雷の性質を己に纏い、雷その物となって雷速で一人と一匹を相手取る

「ハッ! だからどうした! テメェが使ってんのは身体の性質にエレメントを当て嵌めるだけの魔術じゃねェか!!」『ほう、そんな魔術があるのか……興味深いな……』 雷速で動くゾフルに対し、辿々しく反応を示すサイフとしかとその目で追い確かめる黄竜

 ゾフルの速度に追い付かず避けるのが精一杯のサイフだが、それが普通であろう

 同じ側近のラビアもゾフルをハッキリと捉える事は出来なかった

あなたも好きかも:一 万 円 パチンコ
ライたちの速度が異次元なだけであり、雷速というものは幹部の側近クラスですら目で追う事が出来ないモノなのだから

「だったらこの魔術を纏っている俺に攻撃を当ててみな! テメェは雷に触れる事が出来る訳無ェだろうがな!!」 一瞬姿を現し、次の瞬間に消え去るゾフル

 目にも止まらぬ速度で動いている割りには大地が砕ける事は無い

あなたも好きかも:グラブル カジノ 稼ぎ 方
 当然だろう

あなたも好きかも:きゃば嬢 スロット
今現在ゾフルは、雷その物

電気が地面を流れようと砕ける事は無いのだから

 しかし、ゾフルの身体に触れたら最後、たちまち感電してしまう事だろう

『俺は雷くらいならば触れても問題無いが……お前はどうだ?』「そうっスね……ま、死ぬ程柔(やわ)じゃありませんが……結構ダメージを受けるでしょう」 ゾフルの動きを見切って避ける黄竜と、何とか躱《かわ》すサイフは会話をしていた

 常人ならば自然の雷で死ぬ確率は高いが、魔族にして幹部の側近という立ち位置のサイフは何度か受ければ死ぬかもしれないが基本的には大丈夫らしい

『そうか、ならある程度は気を付けろよ魔族の国の幹部、その側近よ……』「分かってますよ……てか、俺が言うのもなんスけど俺の肩書き長いっスね」 それを聞いた黄竜は返し、フッと笑って話すサイフ

 雷速で動き続けるゾフルは依然として狙いを定めており、黄竜とサイフとの距離を詰めた

「ハッ! どの道テメェらは仕舞ェだよ!! 大人しく感電死か焼死、その他諸々の死でこの世とおサラバしな!」 それと同時に姿を消し去り、雷光の軌跡を残して黄竜、サイフへと近付く

 それは上下左右と移動し、悪戯に翻弄しつつ一人と一匹へ向かう