スロット ノーマルタイプ

スロット ノーマルタイプ

 あくまでも「小説賞」「新人賞」は臨時収入くらいに思っておいて、今までどおり仕事に邁進する手もあるのです

 水嶋ヒロ氏『KAGEROU』が好例と言えるでしょう

 彼は受賞作後に「プロの書き手」は目指さず二足のわらじも履かず、俳優業に復帰しています

それもひとつの生き方です

 逆に仕事を控えめにして「プロの書き手」として活動する手もあります

 どちらがいいかは個人の意志によります

 もし「継続的に小説の収入を得たい」と思っているのでしたら、仕事を控えめにして「プロの書き手」になるべきです

複数の作品を書きあげる 一作に凝りすぎると「小説を書く」ために身につけておくべき小説の基礎、物語の展開などのバリエーションがどうしても進歩しません

あなたも好きかも:ハウステンボス ir
 つまりどのような作品を書こうとしても、同じような展開にしかならないということです

あなたも好きかも:カジノ ロワイヤル
 そうなると次作を書こうとしたときに「どんな物語にしたらいいんだろう」「どんなエピソードを加えたらいいんだろう」「どんな場面(シーン)を印象的に見せたいんだろう」ということがわからなくなります

あなたも好きかも:ガールフレンド スロット アプリ
 だから、ある程度書けるようになったら、複数の作品を立て続けもしくは同時進行で作りあげていくべきです

 次作の不安であった「物語」「エピソード」「場面(シーン)」の多様性が身につきます

 どうしてもひとつの物語しか浮かばないようであればどうするべきか

 その一作だけに集中して一、二か月で完成させて、早期に次の物語に着手しましょう

 とくに応募作品数に制限がない、または複数の小説賞へ一斉投稿する場合は、多作が最大の強みを持ったスキルになります

 一年間でどれだけ多くの作品を書けるのか

とことん追求してください