十字架 スロット

十字架 スロット

反町と目が合った瞬間、彼がなぜここにいるのかを考えることなく条件反射で「ヤバイ!」と洋一の後ろにサッと隠れてしまったが

「その子誰っ?」 そんな優樹を捉えた男子がパッと笑みを浮かべて身を乗り出し、覗き込もうと背中を曲げる

あなたも好きかも:スロット ビッグドリーム
「違う大学の子っ?」「中学生だろ?」「え? 高校生じゃないの?」 女子は一平に、男子は優樹に注目し出す中、反町は彼らの間に入ると不敵な笑みを浮かべている真琴に目を据わらせた

「……説明して欲しいんだけど?」「私たちは遊びに来ただけよ

あなたと違って、ね」 挑発するような言葉と共に目を細めて口の端を上げる

悪魔のような真琴に反町はイラッとしつつ、顔をしかめている洋一に目を向けた

「なんでいるんだ?」 八つ当たり気味な声色に、洋一も「それはこっちのセリフだろ」と少し不快さを露わにしたが、「誰っ? その子反町の知り合いっ?」と、洋一の背に隠れている優樹を指差す男子に横から笑顔で問われ、反町は冷ややかに振り返った

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト カジノ 景品
「だったら何?」「紹介してっ、紹介っ!」 焦り気味な笑顔で頼む、必死な男子に女子たちは「うぇー」と煙たそうに眉を寄せた

「あんた、中学生相手にするって、犯罪じゃないの?」「胸だけ見てたんでしょ、胸だけ

あなたも好きかも:テーブルゲーム どこ
最悪」「こんなお兄さんに声掛けられても付いて行っちゃ駄目だよー

変態だからぁ」「怖いことされるからねー」「こういう人がいたらすぐおまわりさん呼ぶんだよー」 洋一の背中に隠れっぱなしの優樹に対してお姉さんのように忠告する女子たちに、男子と反町はムッと目を据わらせる

 騒々しいのは周りも同じだから目立つことはないが、洋一は呆れたように鼻からため息を吐いて腰に手を置き、顔見知りのいない男女を見回して反町に顎をしゃくった

「そいつとは知り合いでさ

みんなも?」「ああ、合同研究のグループなんだ」 名前も知らない男子が笑顔で答える

「今日は息抜きで遊びに来たんだよ、みんなで」 「なあ?」と相槌を問うと、周りの男女が笑顔で頷く

そんな彼らを見回して「合同研究?」と一平が繰り返し顔をしかめると、女子たちは「きゃあ!」と笑顔で近寄った

「私たちハナジョなんですぅっ」「ハナジョ?」 背中を仰け反らせていた一平はキョトンとした