パチスロ ワサビ

パチスロ ワサビ

 しかし跳ね飛ばされたランドオクトパスを見ればその威力は一目瞭然であろう

まるでミノタウロスの攻撃を喰らった冒険者のように魔物たちは勢いよく弾き飛ばされていた

あなたも好きかも:バカラ A
 それは魔物にのみ当たったから良かったものの、あれが自分たちに直撃していたら確実に全滅だっただろう

そう思うザックスの背筋に冷たいものが走る

だが、現実にはザックスらには当たらず、魔物だけが倒されたのも事実である

(これは……魔物だけを狙ったということは、誰かが加勢に来てくれたのか?) あんな魔術は見たことも聞いたこともないザックスだったが、しかしただの偶然でこのような状況になるはずもない

であれば自分たちは助かったのか……とザックスが考えた途端に、その雷光の塊がキキィッと反転したかと思うと、一斉に爆発したかのように光ってそのまま雷光が散って消えた

そして中からバチバチと紫の放電をしている黒い馬と、屋根の上に巨大な猫が乗っている黒い馬車が現れたのである

「……だけじゃなく、猫の上に小さなドラゴン?」 ザックスがそう呟く

そう猫の上には黒竜の子供らしきものもいた

ザックスが呆然としていると、その小さなドラゴンは突然光線を放って馬車に近付いてきていたランドオクトパスを薙ぎ払ったのである

あなたも好きかも:パチンコ 営業時間
さらにはだ

「加勢するよッ」『加勢しますッ』 雷光の馬車の走ってきたミンシアナの方角から小さな天使と炎の天使、それと雷の塊が舞い降り、ザックスたちに言葉通りの加勢をしだした

あなたも好きかも:スロット 目押し 不要 機種
 そして馬車の中からも男と少女とおぼしき者たちが飛び出し、男は馬車の上にいた巨大な猫に乗り、骸骨の騎士を呼びだして戦いはじめ、それを追うように少女も黒い狼と共にランドオクトパスを蹴散らし始めた

「こちらはもうダメね

こっちは息がある

カザネ、一緒にハイヒールをかけるわよ」「はいなっ」 そして馬車からやってきた巨大な乳を持つエルフの女性を見てザックスは目を丸くする